祝・重版出来!

シマノトペ多良間語ver.

(=タラマトペ)

​リズムでおぼえるしまむに絵本『シマノトペ』が、めでたく重版出来!これを記念して、オリジナルの沖永良部語を別の琉球語 タラマフツ(多良間語)に変えて親子で読んでいる動画をどうぞ!

アンナガ ブリ゜ラブリ゜ラ

バシャッジー ブリ゜ロー
(お母さんが ぷんぷん

 怒って いるよ)

言語復興の港の下地賀代子が『シマノトペ』のワークブックを使って、タラマフツ(南琉球-宮古諸語-多良間方言)バージョンをつくりました。

タラマフツ英才教育(?)を受けている5才の長男の発話「(日本語)言わないでー」「^ムマシャーリ゜ロー(おいしいよ)」「アンマガ(お母さんが)…」「フシャシャーリ゜ロー(臭いよ)」「これどういう意味?」なども字幕に起こしているので、親子のバイリンガルやり取りも動画でお楽しみください。

^ム とか リ゜とか ィ゜ とか

タラマフツはオリジナルテキストの沖永良部語よりも、日本語標準語に無い音をたくさん持っています。そういう音を表すのに使っている拡張かな表記が、字幕にもいくつか出てきます。


^ム:母音無し音節の[ m ]
リ゜:音節を閉じる[ l ]
ィ゜:舌を[ i ]より少し後ろに置いて発音する[ ï ]
s:[p,t,k]に続く[ ï ](小文字「す」の代わり)

詳しくは『琉球のことばの書き方』(くろしお出版)をごらんいただくことにして、動画はタラマフツのおとを味わってください!

本家シマノトペ

沖永良部語絵本『シマノトペ』は初版がほぼ完売したため、めでたく重版出来となりました(いろいろと修正箇所があるので正確には改訂版です)!

kaiteiban.png

言語復興の港のオンラインストア「みなと商店」で、お値段据え置き1冊500円で販売しています(送料がかかります)。

言語復興の港フェイスブックページでも紹介してきましたが、『シマノトペ』ページでは、いろんな人たちが送ってくださった「読んでみた『シマノトペ』」動画をまとめて公開しています。タラマトペ動画内で使われている『シマノトペ』ワークブック(文字無しバージョンpdf)も、シマノトペページでダウンロードできますよ。

出版時に書籍紹介として取り上げていただいた国立国語研究所広報サイト「ことば研究館」の記事は、たくさんのFBいいね!をいただきました。『シマノトペ』を広めてくださったみなさま、初版を購入していただいたみなさま、みへでぃろどー/すでぃがぷー/ありがとうございます!

シマノトペ_表紙_edited_edited_edited.png

「今日はどの絵本を読もうかな」と思ったときに、選択肢の中に地域言語の絵本が入っていることがふつうになった世界は、ちょっといい世界ですよね。