©2019 Port Language Revitalization Project

​言語復興の港

 

子どもたちが大人になったときにも

しまのことばが聞こえる世界を残すために

「言語復興の港」は、消滅危機言語の継承保存をしながら、そのしくみをつくっていくプロジェクトです。地域言語の研究者、作家、デザイナーなどの人的リソース、ことばを楽しみながら学べる地域言語コンテンツ、これらの制作と利用の経験を地域言語コミュニティと共有し、地域言語コミュニティがじぶんたちで地域言語を残すことができるようなしくみを目指しています。

 

タラマフツで読む

シマノトペ、それがタラマトペ

taramatope.png

祝!シマノトペ重版出来!沖永良部語を別の琉球語「タラマフツ(多良間語)」にして、親子で読んでいる動画の紹介です。

m'aasanumun_sumnail.png

「大阪うまいもんの歌」の沖永良部語バージョン(振り付き)をつくりました。字幕付きのかわいい動画、日本語訳付き歌詞、三線タブ譜で紹介します。

シマノトペ_表紙_edited.png

​沖永良部島の島むに絵本ができました。リズムで楽しく覚えるオノマトペの絵本、『シマノトペ』のページです。

沖永良部島の下平川校区で言語継承に取り組むチーム「ひーぬむん」のテーマソングをつくりました。聴いたり見たりダウンロードしたりできます。

yumudi03.jpg

第3回 かわた ちゅー

​ヤマダしんしぇ(港の代表)が変な鉛筆の持ち方をする​ことに気づいたゆきえさんですが、実際にじぶんでやってみると…。

第2回 港が実現すること

​消滅危機言語の背景をお話しした第1回の続きは、プロジェクトが目指す未来のお話です。

 

​お問い合わせ

代表|山田真寛(国立国語研究所)

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now